1月 2015 archive

満足な栄養を

誤ったスキンケアは症状を悪くさせるので、正確な方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)を理解しておきましょう。
最初に、洗いすぎはタブーです。
皮脂が気がかりになるからといって1日に何回も何回も洗顔してしまうと肌が乾いてしまいます。
反対に皮膚の分泌量が多くなってしまうので、朝と夜の2回で足ります。
冬が来ると冷えて血液が上手に流れなくなります。
血行が悪くなってくると肌細胞に満足な栄養を届けることができず、新陳代謝に支障をきたしてしまいます。
そして、肌のトラブルを起こしてしまうため、血行の促進を心がけてみましょう。
血のめぐりが改善されれば、代謝が上手にはたらき、健康的で、美しい肌をつくれるようになります。
スキンケアで1番大切にしたいのは間違った洗顔で肌を痛めないことです。
お肌に良くない洗顔方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)とはお肌を傷つけてしまい潤いを保てなくなってしまう、要因を作ります。
お肌をいたわりながら洗う出来るだけ丁寧にすすぐこと、このようなことに注意して洗う洗顔をおこないましょう。
美容成分たっぷりの化粧水、美容液等を使うことで保水力をアップさせることができるでしょう。