2月 2015 archive

細胞間脂質

冬になるにつれ空気は乾燥していき、その影響から肌の潤いも奪われがちです。
水分が肌に足りないと肌荒れ(生活を改善することが何よりも大切でしょう)やシミ、シワなどを起こしやすくなるので”乾燥している”と自覚し、注意することが必要です。
乾燥によって起こる肌トラブルを起こさない為にもお手入れを普段よりしっかりと行うようにして頂戴。
冬季の肌のお手入れのポイントは乾燥から肌を守ることが重要です。
肌のカサカサに対処する場合には、セラミドを取って頂戴。
セラミドという物質は角質層における細胞間の水分、油分を含んでいる「細胞間脂質」です。
角質層は複数層の細胞から作られていて、、このセラミドが細胞間を糊のように結合しています。
表皮の健康を保持するバリアのような働きもするため、足りなくなると肌トラブルの原因となるりゆうです。
美容成分たっぷりの化粧水とか美容液とかを使用すると保水力をアップさせることにつながります。
スキンケアには、コラーゲンやヒアルロン酸はもちろん、アミノ酸などが含まれている化粧品を御勧めします。
血が流れやすくすることも忘れてはいけないことですので、ストレッチやウォーキングなどを取り入れ、血液をさらさらに改善しましょう。