11月 2015 archive

間違った洗顔法

石鹸とスクラブ洗顔

石鹸とスクラブ洗顔

お肌のために最も大切なのは間違った洗顔で肌を痛めないことです。
してはいけない洗顔方法とは肌トラブルの原因となり潤いを失う原因になってしまう、要因を作ります。
肌を傷つけないように優しく洗う綺麗にすすぐ、以上のことに注意して洗う顔を洗うように心がけてください。
「美しいお肌のためには、タバコは厳禁!」なんてことをよく聴きますが、それは美白に関しても同じです。
本当に美白したいのなら、タバコは今すぐ止めるべきです。
そのりゆうとして真っ先に挙げられているのが、タバコによってビタミンCが壊されてしまうことです。
タバコを吸っていると、美白にとって不可欠なビタミンがなくなってしまいます。
肌のカサカサに対処する場合には、セラミドを補うようにしてください。
セラミドは角質層において細胞に挟まれて水分や油分と共にある「細胞間脂質」のことです。
角質は角質細胞が複数層重なっていて、このセラミドが細胞間を糊のように結合しています。
皮膚の表面の健康を保持する防護壁のような機能もあるため、欠乏すると肌の状態が荒れてしまうのです。
寒い時節になると冷えて血行が悪くなります。
血液の流れが良くないと肌細胞に満足な栄養を届けることができず、新陳代謝がくずれてしまいます。
それw継続することで、肌トラブルとなってしまうので、とにかく血液の流れを悪くしないように心がけなければなりません。
血液の流れが改善されれば、代謝が上手く働き、健康的な肌となります。
いつもは肌があまり乾燥しない人でも寒い時節になるとカサカサになってしまう場合もありますから、顔を洗った後やおふろに入った後は出来るだけ化粧水を使用するほか、乳液を使用してください。
特に寒い時節になると肌のトラブルが多くなるので、スキンケアを怠らないようにしてください。
しっかりと肌を潤わせることと血をよく行きわたらせることが寒い時節のスキンケアのポイントです。